放課後等デイサービス児童発達支援 月とおひさま北

運営福祉施設紹介

「子供社会での生きる力をつける」

月とおひさま、月とおひさま南でに経験と反省から、学齢期を迎えるための準備として社会性の向上と、学習への取り組み準備のために学齢期前の療育の必要性を痛感し、児童発達支援サービスの機能を併設しました。準備なく学齢期を迎え、小学校での生活にうまく適応できないがために放課後等デイサービスを始めた子供たちが、しばらく療育を続けることで空隙に子供社会での生きる力をつける事例を目の当たりにしたからです。放課後の時間をより多く確保するため、小学校の近隣に開設しました。

施設概要

事業種別 放課後等デイサービス児童発達支援(多機能型)
電話番号 0743-55-6166
所在地 〒639-1001 奈良県大和郡山市九条町217番地13

アクセス■近鉄郡山駅よりバス「春日大社本殿」行き「奈良口」下車 徒歩2分
■近鉄九条駅より徒歩9分

事業内容

放課後等デイサービス事業

歌、絵本、集団ゲーム、料理、室内での運動、プール遊び、外遊びなどの色々な活動を通じて五感を刺激し、人の根っこを育て、その中で季節や歌を楽しみ、物語のある暮らしを提供します。
障がいのあるなしに関わらず、子ども達の全てを豊かに育てたいと願い、支援を行っていきます。

生活介護支援事業

言葉でコミュニケーションを取れない方からも言葉にならないふれあいで、純粋で素敵な笑顔を頂き支援者のエネルギーになります。
言葉に出せない時、支援者は利用者の気持ちに共感し、気持ちを代弁する事で落ち着かれる事もあります。
利用者さんに愛情をたくさん注ぎながら支援を行っていきます。

月とおひさまの想い

月はおひさまに照らされて初めて輝くことができます。おひさまは月を精一杯照らす役割があり、月はおひさまの光を精一杯受け止める役割があります。「月とおひさま」という施設名は、お互いの存在があってこそ、それぞれの存在が輝く、そんな思いで名付けました。私たちは、そんな月とおひさまの関係の様に、子どもたちとともに輝きながら歩んでいきたいと願っています。